【雑学・豆知識】コーヒーは薬だったの?

 

今日はコーヒーにまつわる面白い豆知識をご紹介します。

日本にコーヒーが入ってきたのは江戸時代で、鎖国されていたころとされています。出島のオランダ商館に出入りを許されていた人たちなのではと言われています。もちろん初めて口にしたのもその人たちなのではと言われています。日本人では書物に感想を残した大田蜀山人という人だそうで、「かうひいというものをすすむ。

豆を黒く煎りて粉にし、白糖を和したるものなり。焦げくさくして味ふるに堪えず」と言ったそうで、日本に入ってきた時にはもう今のコーヒーの楽しみ方をしていたと知り驚きました。粉は何で挽いたのかなとか、どのくらいの挽きだったのかなという疑問は残りましたが、苦いとか焦げくさいというのは想像に足るものです。


ドイツ人シーボルトは日本人によく知られている蘭学者ですが、蘭学や西洋医学を日本に伝えると同時に、大好きだったコーヒーを長寿をもたらす薬用の飲み物と紹介したそうです。胃にもよく、おしっこの出を良くするとも伝えていたそうで、昔は嗜好品というより薬としての飲み方が多かったようです。

決して美味しいばかりの感想ではなかったようで、面白い話に、青森県の津軽藩士たちが、北方警備のため北海道に送られた際、寒気を防ぎ、湿邪を払う飲み物としてコーヒー豆が支給されたということもあったそうです。

その後コーヒーの知名度は上がり、明治時代に入るとハイカラな飲み物として鹿鳴館に集うような上流階級の人たちに嗜好されていったそうです。

コーヒーは飲むだけでなく文化的な側面を併せ持った面白い食品ですね。